育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

分け目をずっと同じにするとそこからハゲるって本当?

   

「髪の毛を分け目をずっと同じにするとそこからハゲる」「分け目は定期的に変えたほうがいい」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これって本当なのでしょうか?

太陽光の影響

分け目の部分には太陽の光や紫外線が多く当たるので、これが髪の毛の成長に影響を与える可能性があります。

髪の毛の役割の1つに「日差しの熱や紫外線を防ぐ」というものがあります。人類の髪の毛が黒や茶色など、濃い色が多いのは太陽光を吸収しやすくするためだと言われています。
分け目を作ると太陽光が直接地肌にあたって、熱や紫外線の影響を受けやすくなります。これによって頭皮がダメージを受けて髪の毛の成長に影響し、髪が薄くなる可能性があります。

整髪料や白髪染めの影響も

整髪料でセットしたり、白髪染めを行う際、どうしても分け目の部分は地肌に薬剤が付着しやすくなります。そうすると地肌に刺激を与える可能性があります。1回あたりの刺激は小さくても毎日少しずつ蓄積していくことよって何らかの影響が出る可能性があります。

分け目が目立ってきたら要注意

完全に確定したわけではありませんが、分け目を同じにしているとそこが薄毛になる可能性は高いと言えるでしょう。また、髪の毛全体が薄くなってきた時、分け目が最初に目立つというのも「分け目を同じにいしているとそこからハゲる」という認識が生まれる理由になっている可能性があります。

いづれにせよ、分け目が気になってきたら薄毛が進行している可能性があるので、早めの対策を行ったほうがいいかもしれません。

 - ニュース&コラム