育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

髪の毛を洗ったらドライヤーで乾かした方がいい

   

皆さんは髪の毛を洗った後、ドライヤーで乾かしていますでしょうか。

髪が長い女性の場合はほぼ100%ドライヤーを使っていると思います。しかし、男性の場合はドライヤーを使わない人もいるのでしょうか。

めんどくさかったり、暑かったりしますが、ドライヤーですぐに乾かしたほうが髪にやさしいと言われています。

濡れたまま放置した時の弊害

髪の毛を濡れたままにすると、雑菌が繁殖しやすくなります。特に濡れたまま寝てしまった場合は、枕やシーツが湿ってしまいます。雑菌は体温くらいの温度があって湿度が高いともっとも繁殖しやすくなります。ジメッとした髪の毛と枕は、菌にとってはもっとも住みごこちいい状態と言えます。雑菌が繁殖すると頭皮のバランスが崩れてかゆくなったりフケの原因になります。

もう一つは髪の毛の傷みです。髪の毛は濡れるとキューティクルが開きます。このキューティクルが開いた状態で他の髪の毛とこすれあうと表面が傷ついてしまいます。濡れたまま寝てしまった場合、髪の毛がこすれて、毛が切れたり、枝毛が発生しやすくなります。

以上のように、髪の毛を濡れたままにした場合、頭皮と髪の毛の両方にあまりよくない影響があります。

頭皮と髪の毛にやさしいドライヤーのかけかた

髪の毛は乾かしたほうがいいですが、ドライヤーの使い方が悪いと返ってダメージを与えてしまう時があるので注意した方がいいでしょう。ダメージ少なく、効率的に乾かすには次のように行うといいでしょう。

常に動かす

ドライヤーは常に動かして、一か所に熱が集中しないようにしましょう。動きを止めると、髪や地肌が熱くなり、大きなダメージを与えてしまいます。場合によっては髪が焦げたり、頭皮がやけどをしてしまう危険性もあります。美容師さんがドライヤーをかけるときは、常に手首を動かして、ドライヤーの先を細かく揺らしています。美容師さんのマネをしてみるといいでしょう。

下から風をあてる

下から上に向かって、風で髪の毛をかきあげるようにあてるといいでしょう。こうすると髪の毛の根元に風があたります。表面より根元が乾きにくいので、なるべく根元に風をあてて乾かすようにするといいでしょう。

温度を調整する

最近のドライヤーは「ヘアケアモード」など少し温度を下げて髪をいたわるモードがついているものがあります。できればこのような機能がついたドライヤーを選びましょう。髪をセットするときは高温の方が決まりやすいですが、乾かす場合は長時間使用するのでダメージが大きくなります。このため、やや低めの温度で少し時間をかけて乾かすようにした方がより髪にやさしくなります。

また、夏は室温が高い分、ドライヤーの風も温まりやすく熱くなります。夏と冬では温度を変えたり、ドライヤーをあてる距離を長くするなどして調整するといいでしょう。

基本的にドライヤーは必須です

いかがでしょうか。髪をいたわるならドライヤーはした方がいいと言えます。

しかし、暑い夏の場合、風呂あがりの体がほてっている時にドライヤーは使いたくないですよね。そんな時、管理人の場合はサッとドライヤーで乾かした後、扇風機で続きをしています。暑い日ならわりとすぐに乾きます(髪の毛の長さにもよりますが)。涼しいですし一度試してみてください。

 - ニュース&コラム