育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

女性美容師に聞いたハゲやすい男子の特徴

   

毎日髪の毛を触っている美容師さん。そして、女性の美容師さんだからこそ、気づくことがあるかもしれません。

そんな女性の美容師さん15人に「ハゲやすい男子の特徴」についてアンケートを取った結果がありましたので、ご紹介します。

大きく分けて5つの特徴があるようです。順に確認していきましょう。

1.ドライヤーしない

ドライヤーをしないと枕がしめっぽくなり、雑菌が繁殖しやすくなります。

通常、頭皮の表面には常在菌という細菌がいます。この常在菌がいることによって、他の有害な細菌の繁殖を抑えて、皮膚のバランスを保っています。つまり、常在菌が自分のなわばりをきちんと守っているので、他の細菌がなかなか入れないという状態だと思ってください。

湿気によって頭皮の環境が変わると、このバランスが崩れて他の細菌が繁殖しやすくなります。結果、かゆみが出たり、頭皮が荒れたりします。これが慢性化すると、抜け毛の原因になってしまうことがあります。

また、髪の毛は濡れるとキューティクルが開きます。この状態で他の毛とこすれ合うと傷みやすくなります。結果、髪の毛が弱って切れたり抜けたりする可能性が高まります。

いかがでしょう。ドライヤーはヘアケアの基本です。面倒くさがらずにきちんと乾かすといいでしょう。

ワックス

ワックスが頭皮に着くと、皮膚に刺激を与えます。また呼吸を妨げたり、雑菌が繁殖する原因となります。ワックスの付けすぎに注意して、皮膚には付かないようにしましょう。また、肌に合わないと思ったら、すぐに使用をやめた方がいいでしょう。最近では肌にやさしいワックスも販売されているので、自分にあったワックスを選ぶといいでしょう。

一日の終りには、確実に洗い流すようにしてください。ただ、洗いすぎて皮膚や髪を痛めては逆効果になるので、なるべく落としやすいワックスを使うのもポイントです。

潔癖

清潔にすることはいいことなのですが、過度な潔癖は逆効果です。ドライヤーの項目でも言いましたが、頭皮にはもともと常在菌が存在して、いわゆるバリアを張ってくれています。あまりに清潔にしすぎると、この常在菌も死んでしまい、バリアが破れて他の最近が繁殖しやすくなります。その結果、かゆみが出たり皮膚が荒れたりして薄毛の原因となります。

何事もバランスが大切です。適度な清潔を心がけるようにしてください。

不安定

食生活、生活リズム、精神的に不安定だと影響が出ます。髪の毛も身体の一部ですの、不健康な生活は当然よくありません。バランスの良い食生活をし、生活のリズムをととのえ、心身ともに健康を心がけるといいでしょう。

体毛が濃い

これを言われてもどうしようもありませんね。遺伝ですからね。体毛が濃いからといって、薄毛につながるわけではありません。筆者の知り合いにも、すごく体毛が濃い人がいますが、髪の毛も量が多くて黒々としている人がいます。しかし、一般的には薄毛になりやす傾向にあるので、体毛の濃い人は早めに育毛に取り組むといいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。当てはまる項目があった場合は、早めに対策をとった方がいいかもしれませんね。人が薄毛に気づく時はすでに半分の毛が失われているというデータがあります。先手先手で対応するといいかもしれませんね。

 - ニュース&コラム