育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

年をとるとハゲるのは毛穴の小器官が消失するからと判明

      2016/02/26

年を取ればある程度薄毛になるのは仕方のないことですよね。実は今まで、なぜ年を取るとハゲるのかハッキリとわかっていませんでした。

ハゲというと男性ホルモンが関係していることは、多くの人が知っていると思います。また医学的にもほぼ解明されていて、AGA(男性型脱毛症)として認知され、薬も開発されています。

今回、このAGAとは別の仕組みで、高齢者が禿げてしまうことが明らかになりました。

毛穴の小器官が消失

  • 年を取ると毛が薄くなり抜けてしまうのは、毛を生み出す幹細胞が老化し、毛穴の小器官「毛包(もうほう)」が次第に縮小して消えてしまうためだと分かった。東京医科歯科大や米ニューヨーク大などの研究チームがマウスの背中の毛と高齢女性の毛髪で解明し、5日付の米科学誌サイエンスに発表した。
    幹細胞の老化を防ぐには、細胞と基底膜を結び付ける「17型コラーゲン」が必須であることも発見。東京医科歯科大の西村栄美教授らは17型コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し始めており、西村教授は「5年から10年の間に薬ができれば」と話している。 毛包の縮小は男性ホルモンによる男性型脱毛症に特徴的な現象と考えられていたが、高齢化でも進むことが確認された。早期に17型コラーゲンの分解を防げば、毛を長期間、維持できるという。
    毛包では幹細胞が自ら増殖するとともに毛を作る細胞を供給しており、通常は毛の成長と脱毛、休止のサイクルを繰り返している。しかし、年を取るとDNAの損傷を修復できなくなり、17型コラーゲンが酵素で分解されてしまう。
    その結果、毛包の幹細胞が本来の能力を失って表皮の角化細胞に変わり、毛包自体も次第に縮小し消失する。17型コラーゲンが分解されると、毛髪を黒くする色素の幹細胞も枯渇して白髪になる。
    研究チームはマウス実験の成果を人間で調べるため、大分県別府市の「くらた医院」の協力を得て、顔のたるみやしわを取る美容整形手術で切除された側頭部の皮膚を分析した。55~70歳の女性は若い女性に比べ、縮小した毛包が多く、17型コラーゲンの減少を確認できた。

  • 出典:時事ドットコム:毛穴の小器官が消失=高齢化で脱毛、仕組み解明-必須物質も発見・東京医科歯科大

高齢の方の薄毛は、薄毛というよりも、ツルピカという感じで、毛穴がまったくなく、なめらかで光り輝いていますよね。あれは毛包が萎縮して毛穴がなくなってしまった結果と言えるのでしょう。

17型コラーゲンが減少していくと白髪になり、なくなってしまうと、最後には抜けてしまうということなのでしょうか。ここで一つ疑問があるのですが、年をとってもずっと白髪のままで、ハゲない人もいます。あの場合は17型コラーゲンが少なくなっても完全には枯渇せず、少ない状態が続いているのでしょうか。少し気になりました。

いずれにしても原因がわかったので、早く薬ができるいいですね。ハゲだけでなく、白髪にも効果がありそうなので早期の実現を期待したいところです。

ネットでは研究チームの一員が話題に

さて、このニュースですがネット上では少し違った視点で話題になっています。それは、研究チームの一員のお姿です。

なるほど。早く実現させて欲しいものです。

 - ニュース&コラム