育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

お風呂と薄毛対策

   

毎日お風呂に入っていますか?

お風呂は1日の汚れを落とし、体を清潔に保つ衛生面の効果と、体全体を温め血流を改善させる健康面の効果があります。また、裸になってリラックスできるため、ストレス解消など精神面でもプラスになることがわかっています。

全身の血流を促進

お風呂で体が温まると、血管が拡張して全身の血流がよくなります。体の老廃物を排出すると同時に、内臓や体の隅々まで必要な栄養を届けられやすくしてくれます。この状態で頭皮マッサージを行えば、頭皮の血流もよりアップさせることができるでしょう。

お風呂を薄毛対策として上手に利用するなら、ぬるめのお湯にゆったりと浸かることがおすすめです。温度としては39~42度くらいがいいと言われています。個人差があるので、熱すぎずぬるすぎずの範囲で調整するといいでしょう。ちなみ、熱めのお風呂は肉体の疲れにより効果的で、ぬるめのおふろは気持ちをリラックスさせるのにより効果的だそうです。

お好みで入浴剤を使うのも効果的です。特に泡が出る炭酸系の入浴剤は温め効果が高いと言われています。また、リラックスしたい方はヒノキやラベンダーなどの香り付きの入浴剤もいいかもしれません。

お風呂を出たらドライヤーを忘れずに

そしてお風呂を出たら、ドライヤーをしてください。濡れたままだと、雑菌が繁殖しやすくなります。頭皮のかゆみや肌あれの原因になります。また、濡れたままの髪の毛はこすれやひっぱりに弱いため、切れたり縮れたりしやすくなります。

ドライヤーについては、あまり熱い風をあてずに、髪の毛を優しくいたわるように乾かすといいでしょう。最近のドライヤーには髪の毛をダメージを抑える「ヘアケアモード」のような機能がついているものもあるので、活用するといいでしょう。

 - ニュース&コラム