育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

育毛の悩みもいろいろ

      2015/05/18

育毛で悩む人は男性女性に関わらず少なくないようですが、全体的な薄毛や部分的な脱毛など、その種類は様々です。
最近知名度が上がりつつあるAGAの他に挙げられる、育毛の悩みの種類についてまとめてみました。
1つは「脂漏性脱毛症」と呼ばれるものです。
これは頭皮にある脂分を分泌する為の皮脂腺という部分が過剰に反応して脂を沢山出すことで起こります。
皮脂が毛穴を塞いで炎症を起こし、毛根を痛めて脱毛の原因となってしまうのです。
同様に毛穴を塞ぐ原因を作っているのが「粃糠性脱毛症」といわれるものです。
これは脂漏性と反対に乾燥したフケが大量に出て毛穴を塞ぎ、髪の成長を阻害することで脱毛を引き起こします。
かつてストレスの代名詞のようにも言われた「円形脱毛症」も育毛の悩みの1つに挙げられます。
男性女性に関係なく発症する可能性があり、突然に円形の脱毛が起こります。
原因はストレスという意見の他に、免疫機構の異常が原因ではないかとされる説もあります。
例えば自分の免疫機能が髪や毛根を異物と勘違いし攻撃することで脱毛を引き起こす、いわばアレルギー反応のようなものという考え方です。
「びまん性脱毛症」は、生活習慣やストレス、またそれらが引き起こす血行不良による脱毛のことを言います。
髪の成長は血液が毛根に栄養素を運ぶことで促されますから、血行が悪かったり栄養素そのものが足りなかったりすると引き起こされます。
「出産後の脱毛」で悩む女性も多いようです。
これは妊娠中女性ホルモンのバランスが変わることでヘアサイクルに狂いが生じ、本来抜けるはずの髪の毛が抜けない為、出産後ホルモンバランスが正常に戻った時に一気に大量脱毛が起こるのだと言われています。
しかしこの症状は出産後1年もすれば正常な状態に戻るようです。
同じように時間と共に解決する脱毛に「薬剤性脱毛症」があります。
抗がん剤などに代表される、薬剤の副作用によって髪が抜け落ちる症状です。
これも治療が済めば半年ほどで元の状態に戻るようです。

 - 抜け毛の原因