育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

男女別薄毛の原因

      2015/05/18

薄毛とは何らかの減で髪が細くなったり、抜け落ちたりなど正常な成長をしなくなって髪の毛が薄くなるという状態のことです。
薄毛の原因は大きく分けて4つあり、遺伝、男性ホルモンの影響、食事と生活習慣、精神的ストレスです。
これらが複雑に関連して薄毛となります。
男性ホルモンのテストステロンは髭や体毛などの成長促進をするのですが、頭髪にとっては逆となるのです。
毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を委縮させて髪の成長の邪魔をします。
遺伝は、薄毛と大きく関係していると考えられています。
しかし、男性ホルモンを受け取る受容体を調べることで、男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかを知ることができ、それぞれに合った治療を行うことができます。
ストレスは心身に悪影響を及ぼしますが、髪の毛も例外ではありません。
ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱します。
これにより血流が悪化し、毛根に十分な栄養を運べなくなるため薄毛となってしまいます。
髪の毛の生成にはビタミンやミネラル成分が必要です。
しかし、日常の食生活では十分に摂取できていないことが多いのです。
また同時に、不規則な生活は髪の毛の成長を妨げることとなります。
女性の薄毛の原因は、主に加齢現象やホルモンバランス、ストレスなどがあります。
特にホルモンバランスの変化による薄毛が多いです。
他にも遺伝的要素など様々な原因がありますが、タバコや睡眠不足は特によくありません。
また食事制限によるダイエットで栄養不足になったりホルモンバランスを乱したりすることもあります。
髪の密度は20歳がピークと言われ、太さは35歳ごろだと考えられています。
その後、密度も太さも衰え、30代後半からは髪のうねりも目立ちます。
40歳前後になると髪のハリやコシがなくなり白髪や薄毛など髪の加齢変化が目立つようになります。
男性と同様にストレスも薄毛の原因となります。
女性の場合は男性と比べて特に、病院で原因を詳しく調べて治療を進めることが大切だと言われています。

 - 抜け毛の原因