育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

様々な抜け毛の原因

      2015/05/18

脱毛の原因が抜け毛を見れば分かることがあります。
その見分け方を解説します。
まずは、自然に抜ける正常な脱毛について知らなければいけません。
髪の毛の寿命は男性が3~5年、女性が4~6年です。
この寿命で抜ける健康な髪の毛の毛根は、先端が棍棒上の形をしてふくらみと丸みを持っています。
抜け毛の80%以上が、このような形をしている毛根なら、病気や薬の副作用など特別なことや、毛が細くなるようなことがない限り薄毛の心配はないでしょう。
髪の毛は18種類のアミノ酸を中心とした栄養の固まりでできています。
そのため、常に食生活に注意が必要です。
頭皮に弾力性や厚みがなくなると、毛根は細く痩せた状態になります。
この場合、年齢が若いほど早く進行します。
ストレスが原因の毛根は、毛球下部を起点とした色素の凝集が見られます。
この色素はメラニン色素で、メラニン色素の生成を中断しているはずのメラノサイトが一気に多量の色素を生成したためこのような状態になります。
その原因が、過剰なストレスです。
ストレスは、それだけで抜け毛や細毛、うぶ毛の原因となり、育毛効果も半減させてしまいます。
頭皮の衰えが原因の毛根は、毛球が太く短くなります。
この毛球は、当時の水分保持力に異常が生じたため、乾燥しやすくなったことが原因だと考えられ、少しの力で髪の毛は抜けやすくなります。
皮脂の過剰分泌が原因の毛球は、頸部を起点とした位置に黒い色素の沈着がみられます。
毛穴の中で皮脂が過剰分泌の状態になると、毛穴の入り口付近で角栓が、奥の方で脂栓が形成され、毛穴が塞がれて皮脂が毛穴に溜まり、その皮脂の酸化により黒い色素が沈着します。
円形脱毛症に多い毛根は、毛球に強度な委縮が見られます。
これは、毛球が形成できないくらい強い障害を受けたと考えられます。
この毛球が多くみられた場合、悪性の脱毛で回復までは長い時間が必要です。
円形脱毛症の原因の多くは、ストレスだと考えられます。

 - 抜け毛の原因