育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

正しく髪を洗う抜け毛対策

      2015/05/18

頭皮の汚れや毛穴に詰まった老廃物は、毛根の働きを邪魔して、頭皮の炎症を引き起こし、抜け毛の原因となってしまいます。
そのため、毎日の洗髪は抜け毛予防にはかかせません。
しかし、正しい洗髪を行わないと反対に抜け毛を促進してしまうかもしれません。
例えば、爪を立ててゴシゴシと洗ったり、1日に何度も洗髪したりするのは頭皮にダメージを与えます。
正しい洗髪方法を毎日行うことで、本来の洗髪の効果が期待できるのです。
正しい洗髪方法を紹介します。
まず、シャンプー液をつける前に、ぬるま湯で頭部全体を洗い、表面のほこりなどを流します。
ぬるま湯とは、38度くらいが望ましく、熱い湯は頭皮の乾燥の原因となります。
この素洗いが終わったら、適量のシャンプーを手に取り、少量のお湯を使って手のひらでよく泡立てたものを頭皮につけます。
直接シャンプー液を頭皮に付けてしまうと、泡立つまで髪をこすり合わせることとなるので、髪が傷む可能性があります。
泡を頭皮に付けた後、指の腹を使ってマッサージをするようにようもみ洗いをします。
爪を立てないように注意しましょう。
爪で頭皮を強く引っ掻いてしまうと、すぐに傷がついてしまって、フケの発生や炎症の原因となります。
また、シャンプーはボトルに書いてある適量を守りましょう。
シャンプーの付けすぎは、刺激を賦課することとなるので髪にとってはダメージとなるのです。
生え際から頭頂部まで、まんべんなく洗えたら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。
このすすぎは重要です。
シャンプー液の洗い残しは、頭皮の汚れになってしまい、毛穴が詰まります。
シャンプーの後にトリートメントを使用する場合、頭皮ではなく髪の毛に使用し、しっかりと洗い流しましょう。
このように正しく髪を洗うようにしましょう。
特に重要なのは、爪を立てないこととしっかり洗い流すことです。
また、2度洗いをしている人もいますが、1回目の洗髪でしっかりと洗えていれば、2度洗いをする必要はありません。
むしろ、肌の弱い人は刺激となってしまうので、1回の洗髪でしっかりと泡立て、念入りに洗髪する方がいいのです。

 - 抜け毛の原因