育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

抜け毛の原因と予防法

      2015/05/18

育毛・抜け毛予防法を行っていく上で、多くの人が誤解しているのが、育毛発毛法は人によって異なるということです。
特に、同じ種類の脱毛症でも、抜け毛の予防は個人によって様々です。
成果を出している人の多くは、自身の抜け毛や薄毛の原因を知り、適した育毛方法を行っています。
抜け毛の原因としてよく言われるのが男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンの中でもジヒドロテストテロンというものが抜け毛の大きな要因です。
これは、通常の男性ホルモンのテストステロンが不足した場合、このジヒドロテストロンが増加するようです。
最もポピュラーな育毛法は、育毛剤の使用だと思います。
育毛剤の主な種類は、頭皮の血流を良くして発毛を促すもの、毛乳頭に栄養を補給するものがほとんどです。
自身の抜け毛の原因にあった育毛剤を使用しないと、効果は期待できないでしょう。
髪が頭皮の一部だということを忘れてはいけません。
この頭皮の状態を見直すだけで、発毛を促すことが可能な場合があります。
また、頭皮のケアによって、育毛剤の効果が変わってくることもあります。
抜け毛要望のための頭皮状態の改善法は、シャンプー選び、シャンプーの方法、頭皮マッサージの方法など多くの事柄が関連しています。
抜け毛の一番の原因は、頭皮へ栄養が行き渡っていないということが多いです。
そのため、育毛剤や頭皮マッサージを行って血行を促進させるというものがあります。
しかし、本来の身体の機能として、血液を体の隅々まで運ぶ力はあるはずです。
血流が栄養素を運ぶことで身体が健康な状態を維持できるはずです。
生活習慣が悪かったり、ストレスが溜まったり、喫煙をしていたりすると血流は悪くなってしまいます。
特に、皮脂の分泌を増やす原因となる油物や甘い物の摂りすぎには注意が必要です。
タバコもニコチンが血中のヘモグロビンと結合しやすく、毛細血管を硬くして、髪に十分な栄養を運べなくします。
また、不規則な睡眠も髪の毛にはよくありません。
髪の毛も身体と同様に、睡眠中に成長するので、睡眠時間が短いと成長する時間が十分にとれません。
これらを改善することが抜け毛予防では重要となります。

頭皮のケアを忘れずに行いましょう

世の中の男性の悩みに薄毛があります。
年齢を重ね、みるみるうちに生え際が後退し、気がついたらてっぺんが薄くなるなんてことは40代~50代の男性では自然現象として当たり前に起こってくるようです。
早い人では、30代でもてっぺんが危ない人はおられるようです。
日頃の激務からかもしれません。
抜け毛が目立ち、生え際が後退しているようなら、何としても、これ以上薄くならないよう現状を維持していかなくてはいけません。
その為に、存在しているのが育毛剤や養毛剤といったものなのですが、実は、育毛剤や養毛剤を利用しなくても、現状を保っていく方法というのはいくらでもあります。
それは、頭皮のケアを徹底的に行うということです。
頭皮のケアを行うことで、髪の毛をしっかり、太く、成長させることができます。
薄毛は老化であっても、遺伝であっても事前に予防することが可能なのです。
育毛剤にも養毛目的のものだけでなく、頭皮ケアを中心に行えるような成分が配合されているものもありますので、そのような育毛剤をチョイスするようにしましょう。

 - 育毛剤について