育毛に取り組もう!

育毛についての最新ニュースを毎日更新しています。

AGAの原因について

      2015/05/18

AGAは男性ホルモンが原因で発祥するということはわかりますが、なにがどのように影響しているのかをはっきりと理解しないと、対処法が見付からないと思います。

AGAの原因としては、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大きく影響しているのです。髪の毛の周期は焼く半年で1回の周期で抜け替わりますが、ジヒドロテストステロンの影響で、その周期自体に異変が発生してきます。ジヒドロテストステロンが髪の毛の寿命を短くして、薄げの原因となっているのは本当のところです。通常髪の毛は最長6年間は伸び続けるといわれています。この時期を成長期といい、その後退行期といって髪の毛が退化する時期があります。数ヶ月でその退行期が終ります。

その後、休止期といって髪の毛が抜け落ちます。その後また成長期にはいります。この普通の人がこのサイクルで成長期・退行期・休止期を繰り返しています。サイクルに以遠を与えるのが、男性ホルモンであり、代表的なものがジヒドロテストステロンといえます。ジヒドロテストステロンの働きが活発化されると、この正常のサイクルが壊してしまい、休止期が成長期を上回り、AGAになってしまうのがこの男性ホルモンのジヒドロテストステロンが非常に大きく影響しています。テストステロンから作られるDHTが多量に頭皮に検出されるようになり、男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛のシグナルが出されてしまいます。

脱毛シグナルが出されると、成長期が止まり休止期へ移行してしまいます。成長期が短くなり、休止期が早く来ることではげの原因になっています。DHTというのは非常に面白い物で、胎児期では成長を助ける物ですが、思春期以降は、にきびや前立腺肥大や今回のAGAのおおきな原因になっています。

このAGAは個人差がありいろいろなAGAの現象を引き起こしています。AGAがあまり目立たない人から、若い年齢で大きく影響してはげになる人もいます。専門医に相談して治療するのが一番の悩みの解決策です。

ホルモンバランスが関係?

AGAという言葉を聞いたことはありますか?これは男性型脱毛症の略称です。男性型脱毛症とは、主に40代を過ぎたあたりの男性が発症してしまう脱毛症で、男性ホルモンに含まれている成分がきっかけとなって起こると考えられています。また、最近では若い世代にまで男性型脱毛症が広がっており、深刻な事態となっています。

一般的に、AGAは男性ホルモンの過剰分泌によって起こってしまうと考えられているのですが、遺伝も関わっているとも言われています。私自身、ハゲは遺伝で決められているという話を聞かされてきました。

自分の父だけでなく、母親の祖父が持っている遺伝にも影響されると言われています。男性型脱毛症を引き起こす遺伝子がどの遺伝子かということは特定されていないのでうが、一説によれば、ある遺伝子の働きで、頭皮のアンドロゲンの働きが促進され、そのために髪の毛が抜けやすくなっているのではないか?と言われています。

また、父親が禿げていないのに息子はハゲているというパターンは多いです。これはよく「隔世遺伝」と言われていると思います。父親が禿げていないのに、息子がハゲていたりすると、年齢の違いがわかりにくくなってしまうので、本人にとっては辛いことだと思います。男性型脱毛症を引き起こしてしまう原因となる物質は、ジヒドロテストステロンです。これは、男性ホルモンの中に含まれているテストステロンという物質が、体内の5αリダクターゼという物質と結びつくことで生成されるもので、発毛を抑制する働きを持っています。ジヒドロテストステロンが増えれば、髪の毛は力を失い、発毛も滞ってしまうのです。

そのため、男性型脱毛症の解消のためには体内のホルモンバランスから変えていく必要があります。

 - AGAについて